【子供の学費】大学費用はどのように準備する?学資保険編

子供の大学の学費を1人600万円用意するシミュレーション中。

児童手当を全額使わずに貯金し200万円。

600万円まで残り400万円です。

スポンサーリンク




400万円。いつまでに貯めるか?

先日確認した幼稚園から高校までの学費の資料を見ると、高校に入ると学校教育費が年間約27万円かかり、中学校の倍となっています。

進学塾などには通わせない予定ですが、部活の遠征などでもお金がかかるという話を聞くので余裕を持って貯めたいところ。

遅くとも子供が中学生のうちに貯め終えたいので、15年を期限とします。

月々いくら貯めれば15年で400万円貯まる?

4,000,000,000 ÷ 15年 ÷ 12ヶ月 = 22,222

月に22,222円貯めれば15年で400万円貯まります。

どうやって貯める?学資保険を検討

銀行の定期預金などを含む預金口座で貯めても良いですが、CMなどでよく見聞きする学資保険も気になりました。

でも、学資保険がどんなものかもあまり分からなかったのでパンフレットを見たあと、様々な保険会社の保険を販売している代理店に相談しに行きました。

学資保険は教育資金を準備する保険

学資保険とは、子どもの教育資金を準備するための保険のと。毎月決まった額の保険料を払うことで、契約時に決めた子供の年齢に合わせた進学準備金や満期学資金が受け取れます。

学資保険選びのポイントのひとつは返戻率(へんれいりつ)。

返戻率とは、支払った保険料の総額に対して、契約者がいくら受け取れるかを数字で表したものです。

返戻率が100%を上回ると支払った保険料の総額より受け取る金額の方が多くなりますが、医療保障などが付いたタイプだと、100%を下まわる場合もあるので注意が必要です。

もうひとつのポイントは万が一の保障。

契約者である親が突然の事故などで亡くなった場合は、それ以降の保険料の払込が免除となり、保障がそのまま継続され学資金を受け取ることができます。

銀行の預金だけで貯める時に比べてこの点に魅力を感じ加入を決めました。

わが家が加入した保険

現在は販売終了していますが、息子が産まれる前に加入した学資保険の内容は以下の通り。

医療保障は医療保険を申し込む為、学資保険は返戻率重視で選びました。

支払い額

1年間で 141,850円(月換算 11,820円)

15年間で 2,127,750円

受け取り額

総額で 2,500,000円

下記のタイミングで50万円ずつ受け取ります。

1回目 高校3年生(18歳)12月
2回目 大学等1年生(19歳)12月
3回目 大学等2年生(20歳)12月
4回目 大学等3年生(21歳)12月
5回目 大学等3年生(21歳)3月

返戻率

返戻率の求め方は下記のとおり。

返戻率=(満期学資金+進学準備金)÷払込保険料総額×100

2,500,000 ÷ 2,127,750 × 100 = 117.49%

返戻率は117%です。

気を付けたポイント

支払いを月払いではなく年払いにし、返戻率をあげました。

支払い期間を短く10年にすると返戻率はもっとあがりましたが、月々の支払額もあがり、負担になりそうだったので、15年にしました。

中途解約をしてしまうと払い込んだ保険料を下まわってしまい、貯蓄性の特長がなくなってしまうので無理のない金額にしました。

預金で貯める

250万円を学資保険で準備するのでのこり150万円。

1,500,000 ÷ 15年 ÷ 12ヶ月 = 8,333

月に8,333円貯めれば15年で150万円貯まります。

まとめ

11,820  (学資保険) + 8,333 (預金)  = 20,153

預金だけで貯める場合に比べて月々の積立額は2,000円低くなりました。

これで児童手当、学資保険、預金をあわせて600万円を準備できます。

ただこれは長男、1人分の学費。

2人目の学費の事も考えなければなりません。

そこで検討したのは保険会社に勧められた低解約返戻金型終身保険。

低解約返戻金型終身保険については改めて記事にします。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする