【子供の学費】いくら必要?大学費用はいくら貯める?

長男の妊娠中に夫婦で教育費について話しをしました。

子供1人の学習費は約1000万円かかると言われていますが実際のところ、いつ、いくらかかるのが分かりません。

そこでまずはいついくらかかるかという事から調べることにしました。

スポンサーリンク




子供の学費。いつ、いくらかかる?

文部科学省が公表している学習費調査で確認をしました。

子供の学習費調査は文部科学省が平成6年(1994年)から隔年で行っている統計調査。

長男が産まれる前の最新版は「平成26年度子供の学習費調査」でしたが、現在は「平成28年度子供の学習費調査」が最新ですので、こちらのデータをもとに書いていきたいと思います。

幼稚園から高校までの学費

調査対象は公立、私立学校ですが、わが家は高校までは公立で考えているので公立のみ下記に載せました。

保護者が支出した1年間・子供一人当たりの学習費総額

幼稚園 小学校 中学校 高校
①学校教育費 120,546 60,043 133,640 275,991
②学校給食費 20,418 44,441 43,730
③学校外活動費 92,983 217,826 301,184 174,871
学 習 費 総 額(①+②+③) 233,947 322,310 478,554 450,862

データの詳細については下記リンク、文部科学省のHP内で確認できます。

文部科学省 平成28年度子供の学習費調査

学習費総額を幼稚園から高校まで足すと合計 5,507,025円。

幼稚園 233,947×3=701,841

小学校 322,310×6=1,933,860

中学校 478,554×3=1,435,662

高校  450,862×3=1,435,662

高校卒業までに500万円を超えるんですね。

ただ、この学習費総額には学習塾などの費用も含まれています。

習い事にどれくらいお金をかけるかが支出を抑える大きなポイントになりそうです。

項目の内訳は下記の通りです。

①学校教育費
授業料,保育料,入学金,修学旅行費,学用品費,体育用品費,楽器等購入費,実験実習材料費,クラブ 活動費,通学費など

③学校外活動費
自宅学習や学習塾・家庭教師などの費用(補助学習費)と,体験活動や習い事等のための支出(その他の学校外活動費)

大学の学費

大学進学についての私たち夫婦の考え

学費を考えるうえで大学はどうするかと話し合いました。

夫は奨学金制度を使ったうえ、バイトをして学費を払いながら大学に通っていました。

授業がないときはほぼバイト。さらに課題にテスト勉強に..と本当に忙しそうでした。

息子の大学進学についても国公立以外だったら過剰な学費は出さない。奨学金を借りたり、バイトをしなさい。という考えです。

シビアだなと思いますが、かわいい子には旅をさせろと言いますし、世の中はもっと厳しい。

やりたいことが見つからないから、とりあえず大学に行こうという考えには私も反対です。

子供にもそれくらい厳しい方がいいのかなとも思います。

ただ、安易に奨学金を借りてもいいのかと不安にもなります。

私も奨学金を少しだけ借りたので、結婚後は夫婦二人分の奨学金返済をしてきました。

私たち夫婦の場合は共働きだったので奨学金が家計の重荷…というほどではありませんでしたが、将来息子の負担にならないとは言い切れません。

それに若いうちに色々な経験をしてほしいという思いもあります。

上記のようなことを数週間、話し合った結果。

☑ 客観的に見ても真剣に勉強や部活などに取り組んでいる

☑ やりたいことが明確

であれば国公立以外でも学費を出すことにしました。

大学費用いくら必要?

大学のHPを見ると学費が掲載されているので自宅から通える範囲の大学を調べました。

名古屋大学が4年間で約250万円。
名古屋市立大学が4年間で約270万円。

私立大学(理系)だとだいたい4年間で500~600万円くらい。

専門学校は学科によって差が大きく異なりますが、一応調べました。

私立大学に進学するとなると高校卒業までにかかる約550万円と合わせると約1,000万。
子供1人の学習費が約1,000万というのはここからきているのでしょうか。

まとめ。わが家が準備する学費

高校までは毎月の家計から捻出し、大学費用として学費を貯めていくことにしました。

国公立に進学してくれることに越したことはありませんが、大学(専門)費用として600万円を準備するとしてシミュレーションすることにしました。

学費は年々上がり続けているので、息子が入学するころにはいったいいくらになっているかなと心配になりますが、まずはこの金額を目標します。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする