家計簿を見直したきっかけ

スポンサーリンク




見直し前のわが家の家計簿

家計簿つけていますか。

私は結婚を機に家計簿をつけるようになりました。

でも、その頃はただただ、収支の記録をつけているだけ。
少しですが貯金も毎月出来ていたので、それで満足していました。

共働きだったこともあり外食したり、好きなものを買ったり、旅行に行ったり…

今思い返せばなんであの時もっと貯金をしていなかったんだと悔やむばかりです。

家計簿を見直そうと思ったきっかけ

そんなわが家の家計に転機が訪れたのは、長男の妊娠中。

病院の待合室で「老後破産」についての雑誌の記事を読んでからでした。

「老後破産」という言葉自体知りませんでしたし、むしろ老後は「年金暮らし」をしているのでは?と思っていたのです。

私たち世代は支払った年金が満額受給できるとは思っていませんが、現在年金を受給されている世代の方々は年金+預貯金で暮らしていると思っていました。

当時、まだ20代後半でしたが、子供の教育費よりも老後が心配に。
家計簿について、考えかたも含め見直しをすることにしました。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする