老後の生活費を試算してみる

老後破産が不安になり、ライフプランを作った際に、老後の生活費の試算をしました。

スポンサーリンク




老後の支出試算

支出条件

現在の支出をもとにしています。

ローンは繰上げ返済済として試算しています。

税金の支払いがどれくらいになるかが検討がつかないのでざっくりと。
介護保険料など、今より確実にあがりますよね…

1ヶ月あたりの支出試算

固定資産税積立   13,100

光熱費       12,700

水道          3,700

通信費        5,300

ガソリン      4,000

車関連費(税・保険・車検)13,000

→免許を返納したあとは公共交通機関、タクシー代に

夫お小遣い     20,000

妻お小遣い      3,000

医療・収入保障保険(掛捨て)20,700(~65歳まで)

NHK        1,200

食費        40,000

外食/レジャー費  10,000

日用品        4,000

被服関連       5,000

税金        30,000 くらい?

医療費       15,000 くらい?

月々の支出は 202,500円

上記以外の支出は

絶対に必要な大きな支出は住宅の修繕と、家電の買い替え。

必要ではないけれど、あったらいいなと思うのは旅行などの娯楽費です。

物価上昇に対する考え

物価が日銀が目標にしている物価上昇率2%づつ上昇していった場合。

202,500円が、

30年後には366,801円。

60年後には664,409円。

個人的には30年間、毎年毎年2%づつ上昇していく(出来る)とは思えないです。

でも、物価は確実にあがるので、資産が目減りしないように銀行預金以外の貯蓄を増やしたいと思っています。

老後の収入は?

いつまで働く?

年金の受給開始年齢を遅くすれば貰える額が多くなるので、少なくとも65歳、できれば70歳までは働くつもりです。

知り合いで70歳を過ぎても元気に働いていいる方もいるので、(生活に困っているようには見られないけれど)私たちも元気な70歳を迎えたいです。

年金はいくら貰える?

年金ネットで確認すると、年金を65歳から受給する場合、夫婦二人で約20万円くらいは貰えそう。

物価が今のままで年金が満額もらえれば足りる計算です。

満額貰えれば…涙

まとめ

結局のところ、物価上昇率や貰える年金の低下率によって、老後に必要なお金は変化しそうです。

環境の変化に合わせて準備出来るように、これからお金の勉強をしていきたいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク


スポンサーリンク

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする